コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉手棠洲 たまて とうしゅう

美術人名辞典の解説

玉手棠洲

幕末・明治の日本画家。大阪の人。名は蓮・連、字を清操・子恒、別号は酔仙人、俗称は常蔵中井藍江の門に学ぶ。山水人物を能くした。明治4年(1871)歿、77才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

玉手棠洲 たまて-とうしゅう

1795-1871 江戸後期-明治時代の画家。
寛政7年生まれ。大坂の人。中井藍江(らんこう)の門人で,風景,人物を得意とした。酒好きで酔仙人といわれた。明治4年10月22日死去。77歳。名は連。字(あざな)は子恒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

玉手棠洲の関連キーワード三宅英斎

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android