コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉日 たまひ

2件 の用語解説(玉日の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

玉日 たまひ

?-? 鎌倉時代,親鸞(しんらん)の妻。
関白九条兼実の娘で,親鸞が法然のもとにいたときに結婚したとされる伝承上の女性。武蔵(むさし)秩父(ちちぶ)(埼玉県)の荒木門徒がつくった「親鸞聖人御因縁秘伝鈔」のなかにあらわれ,住職の妻のはじまりとされる。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

玉日

生年:生没年不詳
浄土真宗開祖親鸞の妻と伝承される女性。中世真宗の親鸞伝において禅定法皇(九条兼実の誤伝)の娘とされ,法然門下での親鸞の妻と伝承された。鎌倉末期に武蔵国荒木(埼玉県秩父市付近)の門徒が作製した『親鸞上人御因縁』に登場し,道場(寺院)坊主の伴侶「坊守」の始源とされる。荒木門徒は,坊主と坊守という道場経営を重視し,この立場は後世の真宗の一派・仏光寺派に継承されている。また,玉日とは,美しく有能な女という意味で,親鸞が京都六角堂参籠で救世観音から感得した夢告に由縁する命名と思われる。

(遠藤一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

玉日の関連情報