玉潾(読み)ぎょくりん

  • 玉潾 ぎょくりん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1751-1814 江戸時代中期-後期の画僧。
宝暦元年生まれ。近江(おうみ)(滋賀県)の人。京都永観堂の画僧玉翁(ぎょくおう)に墨竹をまなぶ。公卿(くぎょう)や名門の人々とまじわって画名をあげ,茶道,華道,蹴鞠(けまり)の道もきわめたという。文化11年9月2日死去。64歳。俗姓は馬場。名は正邃。法号は曇空。別号に墨君堂。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android