玉造小町壮衰書(読み)たまつくりこまちそうすいしょ

百科事典マイペディア「玉造小町壮衰書」の解説

玉造小町壮衰書【たまつくりこまちそうすいしょ】

平安後期の漢詩文作品。《玉造小町子壮衰書》とも。作者不詳。全1巻。前半は作者が路で会った老醜の貧女との問答を四六文で記したで,彼女はもと良家の娘で,若い頃には栄華を極めたが,家族が入内(じゅだい)させようと結婚を許さなかったために,後に家族の相次ぐにより没落し,仏道に帰依することを綴る。後半は130韻の長詩で,彼女が猟師に嫁して1子を産むが,夫と子に死別して無常を悟ったことを記し,老女境涯を憐れみ,仏の慈悲による救済を願うという内容。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android