コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉造小町壮衰書 たまつくりこまちそうすいしょ

1件 の用語解説(玉造小町壮衰書の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

玉造小町壮衰書【たまつくりこまちそうすいしょ】

平安後期の漢詩文作品。《玉造小町子壮衰書》とも。作者不詳。全1巻。前半は作者が路で会った老醜の貧女との問答を四六文で記した序で,彼女はもと良家の娘で,若い頃には栄華を極めたが,家族が入内(じゅだい)させようと結婚を許さなかったために,後に家族の相次ぐ死により没落し,仏道に帰依することを綴る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

玉造小町壮衰書の関連キーワード製造小売業小野小町扶桑集文鏡秘府論七小町詩文文作り本朝続文粋小町物蓮禅

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone