コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉龍雪山 ぎょくりゅうせつざん

1件 の用語解説(玉龍雪山の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ぎょくりゅうせつざん【玉龍雪山】

中国の雲南省西北部、麗江(リージャン)市の北に位置する、13の嶺が連なる万年雪を頂く連山。麗江から眺められる姿の美しい山で、万年雪を頂く山としては最南端にある。主峰は標高5569mのシャンズドゥ。古くから、この一帯に住むナシ族などの少数民族の聖地とされてきた山である。標高3365mから4506mまでロープウェイで登ることができ、付近にはスキー場もある。ちなみに、このロープウェイの高低差は中国最大である。この山は登山家にとっては垂涎(すいぜん)の未登峰といわれる。一度中国隊が挑戦したが、登頂に至らなかった。なかなか登山の許可の下りない山として知られている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

玉龍雪山の関連キーワードサージャント一荘ジージャンジャンボリージャン荘ジャン卓麗江麗江古城スリージャンプ麗江旧市街

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone