コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉龍雪山 ぎょくりゅうせつざん

世界の観光地名がわかる事典の解説

ぎょくりゅうせつざん【玉龍雪山】

中国の雲南省西北部、麗江(リージャン)市の北に位置する、13の嶺が連なる万年雪を頂く連山。麗江から眺められる姿の美しい山で、万年雪を頂く山としては最南端にある。主峰は標高5569mのシャンズドゥ。古くから、この一帯に住むナシ族などの少数民族の聖地とされてきた山である。標高3365mから4506mまでロープウェイで登ることができ、付近にはスキー場もある。ちなみに、このロープウェイの高低差は中国最大である。この山は登山家にとっては垂涎(すいぜん)の未登峰といわれる。一度中国隊が挑戦したが、登頂に至らなかった。なかなか登山の許可の下りない山として知られている。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

玉龍雪山の関連キーワード麗江旧市街玉泉公園玉峰寺

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android