コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

王小波 おうしょうはWang Xiao-bo; Wang Hsiao-po

1件 の用語解説(王小波の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

王小波
おうしょうは
Wang Xiao-bo; Wang Hsiao-po

[生]?
[没]淳化5(994)
中国,宋代に起った農民反乱均産一揆の指導者。青城県 (四川省灌県) 出身の茶商で,淳化4 (993) 年妻の弟李順とともに「均貧富」を唱えて眉州 (眉山県) に蜂起した。江原県 (四川省崇慶県) で戦死。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の王小波の言及

【均産一揆】より

…965年(乾徳3)後蜀を滅ぼした宋朝は,四川の豊かな経済力を吸収すべく,この地方に種々の収奪を行った。絹織物や茶など特産物の売買を統制したが,993年(淳化4)茶商の王小波(?‐994)が〈均貧富〉と号して蜂起し,李順が後継者となって成都に進出して四川全域を影響下に置いた。やがて優勢な宋朝軍の前に995年(至道1),時の指導者張余が殺されて,反乱は終息した。…

【平均思想】より

…政治上の不公平に反抗する民間からの運動も,しばしば平均思想を根拠とした。ことに私有財産制の深まった唐末以後には,王仙芝や黄巣が〈平均(均平)大将軍〉と名のり,北宋の王小波が貧富の均等化を目標とするなど,民衆反乱のスローガンとなった。宋以後の国家もくりかえし〈均税〉〈均役〉などを実行して,富力と税役額の対応化につとめた。…

※「王小波」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

王小波の関連キーワード採用条件の変更矢部川田村市都路イブンハズムオーラブ[1世]藤原伊周雅真藤原顕信藤原妍子藤原伊周

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

王小波の関連情報