コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

均産一揆 きんさんいっき jun-chan-yi-kui; chün-ch`an-i-k`uei

3件 の用語解説(均産一揆の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

均産一揆
きんさんいっき
jun-chan-yi-kui; chün-ch`an-i-k`uei

中国,宋代の農民一揆。「均貧富」を唱えたので,この名がある。四川と湖南の一揆が有名。四川の一揆は「王小波・李順の乱」ともいわれ,宋初,政府が四川の重要物資である絹,茶に対し,経済的収奪に加えて政治的強圧をも加えたので,茶商王小波が起したもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

きんさんいっき【均産一揆】

中国,宋代の民衆反乱。四川一帯と湖南北部とに起こった。965年(乾徳3)後蜀を滅ぼした宋朝は,四川の豊かな経済力を吸収すべく,この地方に種々の収奪を行った。絹織物や茶など特産物の売買を統制したが,993年(淳化4)茶商の王小波(?‐994)が〈均貧富〉と号して蜂起し,李順が後継者となって成都に進出して四川全域を影響下に置いた。やがて優勢な宋朝軍の前に995年(至道1),時の指導者張余が殺されて,反乱は終息した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

均産一揆
きんさんいっき

中国、北宋(ほくそう)の初め、四川(しせん)に起こった王小波・李順(りじゅん)の乱と、南宋の初め、湖南に起こった鍾相(しょうしょう)・楊(ようよう)の乱をさす。ともに「均貧富」をスローガンとしたのでこの呼称があるが、両者の間に直接のつながりはない。前者は、宋朝が四川の茶を専売化しようとしたことに端を発し、993年に蜀(しょく)州の茶商、王小波らが富豪や宋朝官僚の打倒に立ち上がった当初は、数百人の小規模な暴動にすぎなかった。やがて後蜀孟氏(こうしょくもうし)の遺孤と称する李順が率いるようになると、宋初以来の四川統治に不満を抱く商人や豪民を含む数十万の反乱軍に発展し、翌年には成都を占領、李順は大蜀王と号して自立した。しかし、優勢な官軍はまもなく成都を奪回し、李順は行方不明となり、部下の張余らが揚子江(ようすこう)支流沿いにゲリラ戦を展開したが、995年夏に鎮定された。
 後者は、金(きん)軍の侵入に苦しむ洞庭湖周辺の農民が、土豪の鍾相に率いられて自立した反乱である。北宋末からこの地域にはマニ教の影響を受け、相互扶助を行う均産教が広まっており、鍾相はその教主であった。鍾相は信者らを忠義軍に組織して金軍に抵抗したが、南宋軍の統制にも従わず、1130年鼎(てい)州に大楚(たいそ)国を建て、富豪のほか僧侶(そうりょ)、道士、儒者らを敵として「均貧富」「等貴賤(きせん)」を実行した。鍾相の死後、楊は洞庭湖中の水寨(すいさい)に拠(よ)り、民兵20万と優れた火器とで官軍を悩ませたが、35年、岳飛(がくひ)により鎮定された。[島居一康]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

均産一揆の関連キーワード艾蕪黄巣の乱赤眉の乱燕楽四川中国・宋代の禅の公案集壬戌民乱龐勛の乱マザニエーロの一揆林巨正

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone