王樹なん(読み)おうじゅなん(英語表記)Wang Shu-nan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

王樹なん
おうじゅなん
Wang Shu-nan

[生]咸豊2(1852)
[没]1936
中国,清末,民国の学者,政治家。河北省新城の人。字は晋卿。号は陶廬。光緒 12 (1886) 年の進士。四川,甘粛,新疆の地方官を歴任し,張之洞知遇を得た。民国成立後,省議会議員,衆議院議員,参政院参政を経て 1920年国史館総裁となり,『清史稿』の編纂にあたる。著書に『陶廬叢刻』などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android