コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清史稿 しんしこうQing-shi-gao; Ch`ing-shih-kao

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

清史稿
しんしこう
Qing-shi-gao; Ch`ing-shih-kao

中国,清朝の正史を作成するための草稿。趙爾巽らの編。 536巻。 1914年に清史館を開き,趙爾巽を館長として編纂に着手。政情不安や経費不足ではかどらなかったが,27年に一応完成した。本紀 25巻,志 142巻,表 53巻,列伝 316巻より成る。その刊本には,関内本と関外本の2系統があり,関外本には第1次本と第2次本の2種がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

清史稿【しんしこう】

中華民国時代に作られた,清王朝の正史の草稿。536巻。趙爾巽らの編。紀伝体で,根本史料とはいえないが,清朝史の概略を知るのには便利。1914年,中華民国政府は清史館を設け,趙爾巽を館長として清史の編纂をはじめ,27年完成。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんしこう【清史稿 Qīng shǐ gǎo】

中国,清朝正史の草稿。536巻。趙爾巽らの編。これまでの正史の体裁による紀伝体で,根本史料とはいえないが,清朝史のだいたいを知るのには便利である。1914年,中華民国政府は清史館を設け,趙爾巽を館長として清史の編纂をはじめ,27年完成。北京出版の関内本と,東北瀋陽出版の関外本との2系統,数種の版があり,内容に多少の違いがみられる。北京中華書局本(1977)は,後者の系統を底本として標点,分段をほどこし,異本について詳しい校訂,注記をつけている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しんしこう【清史稿】

中国、清代に関する紀伝体の歴史書。五三六巻。民国の趙爾巽ちようじそんらの撰。1927年成立。本紀二五巻、志一四二巻、表五三巻、列伝三一六巻。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の清史稿の言及

【正史】より

…正史の数は時代が下るにつれ増え,明代二十一史,清では二十二史となったが,乾隆以後,《旧五代史》《旧唐書》を加えて二十四史,1922年大総統徐世昌は柯劭忞(かしようびん)の《新元史》を入れて二十五史とした。最近の中国では《清史稿》も正史に準じて扱っている。なお《史記》《漢書》《後漢書》《三国志》を前四史,遼,金,元の三史を後三史と呼ぶ。…

※「清史稿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

清史稿の関連キーワード王樹なん歴史書毛奇齢全祖望方東樹万斯同兪樾陳澧

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android