王韶(読み)おうしょう(英語表記)Wang Shao

  • 王韶 Wáng Sháo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]天聖8(1030)
[没]元豊4(1081)
中国,北宋の名将。江州徳安県 (江西省) の人。字は子純。諡は襄敏。進士に及第して地方官を歴任し,煕寧1 (1068) 年西夏平定の『平戎策』3編を奏上して神宗に認められ,西方経略に功績があった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

1030‐81
中国,北宋将軍は子純,諡(おくりな)は襄敏。徳安(江西省九江)の出身。嘉祐2年(1057)の進士。甘粛省黄河上流に割拠するチベット系青唐族を攻略し,その北にある西夏の進出をくいとめることを献言。西方貿易路確保を考える王安石,領土獲得に熱心な神宗の協力で1071年(熙寧4)より最高指揮官として軍事行動をおこす。72年熙河路が置かれ西方領土は拡大したが,軍事費増大のを負わされ77年失脚,問題は結局,解決されなかった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android