玲玲(読み)れいれい

精選版 日本国語大辞典「玲玲」の解説

れい‐れい【玲玲】

〘形動タリ〙
① 音がすがすがしく響き渡るさま。
※三教指帰(797頃)上「玲玉振凌孫馬、以連瑤」
※太平記(14C後)二五「玲々(レイレイ)たるの声は」 〔盧綸‐春日喜雨詩〕
② 光のうるわしいさま。光り輝くさま。〔張嘉貞‐空水共澄鮮賦〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「玲玲」の解説

【玲玲】れいれい

玉のふれあう音。〔文心雕竜声律〕聲、(ふん)に轉じて、玲玲として玉を振ふが如く、辭、耳に靡(うつく)しくして、(るいるい)として珠を貫くが如し。

字通「玲」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android