コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文心雕竜 ぶんしんちょうりょう Wen-xin diao-long

6件 の用語解説(文心雕竜の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

文心雕竜
ぶんしんちょうりょう
Wen-xin diao-long

中国,六朝時代の文学評論書。劉きょう (りゅうきょう) の著。 10巻 50編。斉末の永元2 (500) 年頃成立。中国で最初の体系的な文学理論書で,まず文学の本質を説く原理論に始り,次に各ジャンルの発生,変遷,性格を述べた文体論を展開,さらに創作論,修辞論,作家論,批評論が続き,最後に本書の著述意図を記す。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ぶんしんちょうりょう〔ブンシンテウリヨウ〕【文心雕竜】

中国最古の文学理論書。10巻。梁(りょう)の劉勰(りゅうきょう)著。500年ごろ成立。古代の文章をとりあげ、その文体や修辞をそれぞれの部門ごとに整理・解説したもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

文心雕竜【ぶんしんちょうりょう】

中国,南北朝の文学論集。〈ぶんしんちょうりゅう〉とも。南朝梁の劉【きょう】(りゅうきょう)の著。斉の末年ごろ成立。10巻,50章からなる。組織的文学論としては中国最初のもので,文学の本質論,文体の性格と発展の経過,文学の創造,鑑賞,修辞,批評などについて論述する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ぶんしんちょうりょう【文心雕竜 Wén xīn diāo lóng】

中国,南朝梁の劉勰(りゆうきよう)の著になる文学理論の書で,10巻50章から成る。〈ぶんしんちょうりゅう〉ともいう。文学は天地自然のおのずからなる美を体したものという原理にもとづき,前半部では韻文・散文を包括する33類の様式について詳密な文体論を展開する。後半部では,一転して文学のすべての様式に関するさまざまな問題を取り上げて論ずる。総合的・有機的な体系のもとに構築された精妙な理論は,古今に比を絶する独自の存在である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ぶんしんちょうりょう【文心雕竜】

中国最初の体系的文学理論書。一〇巻。南北朝の梁りようの劉勰りゆうきよう著。500年頃成立。文章の体裁・巧拙をジャンル別に論じる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

文心雕竜
ぶんしんちょうりょう

中国、六朝(りくちょう)(りょう)の文人、劉(りゅうきょう)の著した体系的かつ総合的な中国最初の文学理論書。「ぶんしんちょうりゅう」ともいう。10巻50編。「原道」から「弁騒」の5編は文学原理論、「明詩」から「書記」の20編は文体論、「神思」から「程器」の24編は修辞の原理や方法を論じ、最後の「序志」は著作の動機を述べる。劉が30代、つまり六朝斉(せい)の末ごろに書かれたもので、「文心」とは文をつくるための用心であり、「雕竜」とは竜を雕(ほ)る、雕琢(ちょうたく)潤色のことである。彼は雕琢潤色に文学の基本を置き、自然に発露する美を尊重、当時の技巧のみを競う弊害を正し、経書の精神に回帰しなければならないと説いた。同時代の鍾(しょうこう)の『詩品(しひん)』とともに文学理論の名著とされる。[根岸政子]
『興膳宏訳「文心雕竜」(『世界古典文学全集25』所収・1964・筑摩書房) ▽戸田浩暁訳『文心雕竜』(1972・明徳出版社・中国古典新書) ▽戸田浩暁訳『新釈漢文大系64・65 文心雕竜 上下』(1974~1978・明治書院)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の文心雕竜の言及

【中国文学】より

…文学の評論は曹丕の〈文を論ず〉の一篇に始まり,作家の個性が論じられた。前述の陸機の〈文の賦〉は創作活動についての思索の結果などを韻文でつづったが,劉勰(りゆうきよう)の《文心雕竜(ぶんしんちようりよう)》は50章の大作で,陸機の示唆したところを体系化し,精密に詳しく述べた。全文が四六文で書かれている。…

【対句】より

…漢代ごろからより重視されるようになり,六朝時代にはその技巧が極度なまでの発展をみた。6世紀初めの文学理論書《文心雕竜(ちようりよう)》は,対句の存在意義を説いて,人体が手,足,耳,目のごとく左右相称の形を生まれながらにして賦与されているように,詩文においてもごく自然に対句の表現形式が生まれてくると述べている。そこに示唆されるように,一字一音節という漢語の特色や,バランス感覚を重んずる中国人の思考法とも密接なかかわりを有する修辞技法ということができる。…

※「文心雕竜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

文心雕竜の関連キーワード詩話列女伝宋書八病結城劉勰イエリユウ李由理有別録

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone