コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

零余子 ヌカゴ

デジタル大辞泉の解説

ぬか‐ご【零子】

むかご」に同じ。

むか‐ご【零子】

葉の付け根にできる、多肉で球状の芽。地上に落ちると根を出して、新しい個体となる。ヤマノイモでは茎、オニユリでは鱗片葉が変化してできる。鱗芽。珠芽肉芽。ぬかご。 秋》「雨傘にこぼるる垣の―かな/犀星

れいよ‐し【零余子】

むかご

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

零余子(むかご)

長谷川伸二による戯曲。1965年、第11回「新劇岸田戯曲賞(のちの岸田国士戯曲賞)の候補作品となる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

ぬかご【零余子】

むかご(零余子) 」に同じ。 [季] 秋。

むかご【零余子】

腋芽えきがが養分を蓄えて球状となったもの。多くは葉の付け根にでき、落下して地上で発芽し無性的に新しい個体となる。葉が多肉化して茎をとりまいているものを珠芽(鱗芽)、茎が肥大して球状になったものを肉芽という。ヤマノイモ・ムカゴイラクサなどに生じる。胎芽。ぬかご。 [季] 秋。

れいよし【零余子】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

零余子の関連キーワード長谷川 零余子久保田 九品太長谷川 かな女水野 六山人長谷川かな女正岡 陽炎女長谷川零余子吉岡禅寺洞飯島みさ子太田 三郎5月23日加藤 紫舟中田みづほ安藤姑洗子正岡陽炎女岩谷孔雀ナガイモ高浜虚子原月舟畑耕一

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

零余子の関連情報