コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

零余子 ヌカゴ

7件 の用語解説(零余子の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぬか‐ご【零子】

むかご」に同じ。

むか‐ご【零子】

葉の付け根にできる、多肉で球状の芽。地上に落ちると根を出して、新しい個体となる。ヤマノイモでは茎、オニユリでは鱗片葉が変化してできる。鱗芽。珠芽。肉芽。ぬかご。 秋》「雨傘にこぼるる垣の―かな/犀星

れいよ‐し【零余子】

むかご

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぬかご【零余子】

むかご(零余子) 」に同じ。 [季] 秋。

むかご【零余子】

腋芽えきがが養分を蓄えて球状となったもの。多くは葉の付け根にでき、落下して地上で発芽し無性的に新しい個体となる。葉が多肉化して茎をとりまいているものを珠芽(鱗芽)、茎が肥大して球状になったものを肉芽という。ヤマノイモ・ムカゴイラクサなどに生じる。胎芽。ぬかご。 [季] 秋。

れいよし【零余子】

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

零余子の関連情報