コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鱗芽 リンガ

大辞林 第三版の解説

りんが【鱗芽】

腋芽えきがの一種。芽の葉にあたる部分が養分をたくわえて肥大し、球状となったもの。オニユリなどにみられる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鱗芽
りんが

植物の芽の一種。地上部に生じ、養分を貯蔵して多肉となった鱗片葉をもち、離層によって母体から離れ、地上で発芽・発根して新しい植物体となる。オニユリの葉腋(ようえき)に生じるのが好例である。[福田泰二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

鱗芽の関連キーワードむかご(零余子)根(植物)無性芽零余子腋芽珠芽

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android