コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

班彪 ハンピョウ

3件 の用語解説(班彪の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はん‐ぴょう〔‐ペウ〕【班彪】

[3~54]中国、後漢の歴史家。班固班超班昭兄妹の父。前漢の歴史書編纂を企てたが、数十編を作ったのみで没。班固・班昭が後を継いで「漢書」を完成した。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

はんぴょう【班彪 Bān Biāo】

3‐54
中国,後漢の学者・文人。班固班超班昭たちの父。字は叔皮。扶風安陵(陝西省咸陽市)の人。王莽(おうもう)末期の動乱時代に甘粛省の天水地方に拠った隗囂(かいごう)に身をよせたとき,《王命論》を著して隗囂の天下統一の野望に水をさした。後漢王朝が創業されると,《史記》の体例と史観を批判しつつその続編となるべき《後伝》の執筆に専念,本紀と列伝から構成された《後伝》は班固の《漢書》にとりこまれた。【吉川 忠夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

はんひょう【班彪】

3~54) 中国、後漢の歴史家。字あざなは叔皮。班固・班超・班昭の父。光武帝のとき、「史記」の後をうけて前漢の歴史編纂を企てたが途中で没した。班固さらに班昭が継いで「漢書」を完成。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone