コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

現場主義(読み)げんばしゅぎ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

現場主義
げんばしゅぎ

企業経営において現場の対応や処理を重視する考え方。たとえば日本企業が海外で工場を経営する場合,工場長や技師が作業現場に頻繁に出入りして現場の状況をよく理解すると同時に,現場の監督者に広い裁量権を与えている。そのため監督者は工場全体の動向を十分把握でき,同時に何か不測の事態が生じた場合に,適切な処理を自分たちで行なうことができる。経営者の現場重視の姿勢,現場への権限委譲,技術者の現場への参加などは,日本企業の特徴の一つとされている。特に欧米では経営者と現場作業者の間に物理的・精神的に大きな壁があり,現場主義はほとんど見られない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

げんば‐しゅぎ【現場主義】

実際に業務の行われている場所にあって業務の実行の中から生じる問題点を捉え、それを改善し、能率と業務の質の向上を計ること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

現場主義の関連情報