現場密度(読み)げんばみつど(英語表記)density in situ

海の事典の解説

現場密度

海水が存在している場所における密度をいう。海水の密度は、水温、塩分および水圧によって決まる。海流を推算する力学計算の際、水温・塩分の分布から海水 の密度場・圧力場を求めるが、このときの密度は現場密度を用いなければならない。海洋情報の互換性を図るため、水温・塩分・水圧から現場密度を求める規準 式・アルゴリズムは、国際的な委員会で与えられている。 (永田

出典 (財)日本水路協会 海洋情報研究センター海の事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android