コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

現場密度 げんばみつどdensity in situ

海の事典の解説

現場密度

海水が存在している場所における密度をいう。海水の密度は、水温、塩分および水圧によって決まる。海流を推算する力学計算の際、水温・塩分の分布から海水 の密度場・圧力場を求めるが、このときの密度は現場密度を用いなければならない。海洋情報の互換性を図るため、水温・塩分・水圧から現場密度を求める規準 式・アルゴリズムは、国際的な委員会で与えられている。 (永田

出典|(財)日本水路協会 海洋情報研究センター海の事典について | 情報

現場密度の関連キーワード海水

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android