コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

現物地代 げんぶつちだい

2件 の用語解説(現物地代の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

現物地代【げんぶつちだい】

生産物地代とも。農民が自分の借地で得た生産物(作物,家禽(かきん),乳製品繊維製品等)で納める封建地代。日本の年貢も普通この形をとった。現物地代は農民に一応剰余生産物蓄積の機会を与えるので,農民の生産を刺激し,これが労働地代にとって代わるに至った。
→関連項目封建地代

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

現物地代
げんぶつちだい

生産物地代」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

現物地代の関連キーワード在郷商人生産物地代地代本百姓賦役隷農独占地代労働地代寛文・延宝検地年ぎめの借地

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone