コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

琴叔景趣 きんしゅく けいしゅ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

琴叔景趣 きんしゅく-けいしゅ

?-1507 室町-戦国時代の僧。
臨済(りんざい)宗。近江(おうみ)(滋賀県)の人。京都天竜寺の用剛乾治の法をつぎ,南禅寺住持となる。五山文学者として知られ,南禅寺に松蔭軒をひらいて退隠し,蘭坡景茝(らんぱ-けいし),横川景三(おうせん-けいさん)らと交遊した。永正(えいしょう)4年死去。別号に松蔭。著作に「松蔭吟藁」「梅陽琴叔百絶」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

琴叔景趣の関連キーワード臨済

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android