コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

琵琶鱒 ビワマス

2件 の用語解説(琵琶鱒の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

びわ‐ます〔ビハ‐〕【×××鱒】

サケ科の淡水魚。全長約50センチ。背側は蒼黒色に小黒斑が散在し、腹側は銀白色。琵琶湖の原産であるが、芦ノ湖中禅寺湖などにも移殖されている。食用。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

びわます【琵琶鱒】

サケ目の淡水魚。全長60センチメートルに達する。幼魚は体側に小判形の斑紋が並び朱点が散在するが、成長すると消失し、体色は銀白色となる。原産は琵琶湖とされるが、諏訪湖・芦湖などにも分布。美味で釣りの対象魚。アメノウオ。アメ。 → アマゴ

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

琵琶鱒の関連情報