コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

琵琶鱒 ビワマス

大辞林 第三版の解説

びわます【琵琶鱒】

サケ目の淡水魚。全長60センチメートルに達する。幼魚は体側に小判形の斑紋が並び朱点が散在するが、成長すると消失し、体色は銀白色となる。原産は琵琶湖とされるが、諏訪湖・芦湖などにも分布。美味で釣りの対象魚。アメノウオ。アメ。 → アマゴ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

琵琶鱒 (ビワマス)

学名:Oncorhynchus rhodurus
動物。サケ科の淡水魚

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

琵琶鱒の関連キーワードアメノウオ大島 正満アマゴ

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android