コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瑞宝双光章 ずいほうそうこうしょう

勲章・褒章がわかる事典の解説

ずいほうそうこうしょう【瑞宝双光章】

日本の勲章の一つで、瑞宝章6つのなかで5番目に位置する。2002年(平成14)8月の閣議決定「栄典制度の改革について」により、それまでの勲五等瑞宝章から名称が変更された。翌2003年5月の閣議決定「勲章の授与基準」によれば、公共的な職務の複雑度、困難度、責任の程度などを評価し、職務をはたし成績をあげた人に対して、6番目の瑞宝単光章以上を授与するとなっている。受章者には保護司や小・中学校長などが多い。伝達は所管大臣が行うが、総務省および厚生労働省関係は都道府県知事が行う。◇英訳名はThe Order of the Sacred Treasure, Gold and Silver Rays。

出典|講談社勲章・褒章がわかる事典について | 情報

瑞宝双光章の関連キーワード東儀 兼彦勲等

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

瑞宝双光章の関連情報