コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瑠璃懸巣 ルリカケス

大辞林 第三版の解説

るりかけす【瑠璃懸巣】

スズメ目カラス科の鳥。全長約35センチメートル。背と腹が栗色、他は濃い瑠璃色で、くちばしが白い。原生林やその周辺にすみ、木のうろに巣を作る。昆虫やシイの実などを食べる。日本特産種で、奄美大島と徳之島にのみ生息。天然記念物。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

瑠璃懸巣 (ルリカケス)

学名:Garrulus lidthi
動物。カラス科の鳥

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

瑠璃懸巣の関連キーワードくちばし奄美大島原生林うろシイ昆虫生息

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android