瑠璃灯(読み)ルリトウ

精選版 日本国語大辞典の解説

るり‐とう【瑠璃灯】

〘名〙
黄檗宗で、仏殿などにつるす六角形の灯籠。周囲を薄地の絽や絹で張り、中に瑠璃製の燭器を納める。
浮世草子日本永代蔵(1688)三「亭(ちん)に雪舟の巻龍銀骨の瑠璃燈(ルリトウ)をひらかせ」
② 歌舞伎・文楽の大道具で、道行などの舞踊劇の際、火をともした小蝋燭に台をつけたものを、背景一面に並べて舞台を飾ること。多く京坂の歌舞伎・文楽の舞台で用いる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

別腹

1 これ以上は食べられない満腹状態でも甘い菓子なら食べられることを、別の腹に入るといった語。「甘いものは別腹」2 「べっぷく(別腹)」に同じ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android