瑠璃鳥(読み)ルリチョウ

デジタル大辞泉の解説

るり‐ちょう〔‐テウ〕【瑠璃鳥】

ヒタキ科ルリチョウ属の鳥。全体に紫青色で、白っぽい斑点がある。南アジアに分布。
オオルリのこと。 夏》「―の色のこしとぶ水の上/かな女」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

るりちょう【瑠璃鳥】

オオルリ・コルリ・ルリビタキの俗称。特にオオルリの称。るり。 [季] 夏。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

るり‐ちょう ‥テウ【瑠璃鳥】

〘名〙
ツグミ科の鳥。ツグミ大で全体に濃い紫青色だが腹部は淡い。台湾の渓谷にすむほか、近縁種が東南アジア・中国南部に六種分布。《季・夏》
※御湯殿上日記‐文明一九年(1487)六月二九日(頭書)「三てうの大納言より〈略〉るりてうのこかいまいる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android