コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

璣訓蒙鑑草 からくりきんもうかがみぐさ

1件 の用語解説(璣訓蒙鑑草の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

からくりきんもうかがみぐさ【璣訓蒙鑑草】

江戸初期の〈からくり〉解説書。1730年(享保15)刊。多賀谷環中仙撰。川枝豊信画。〈拾珍(しゆうちん)/御伽(おとぎ)〉と角書(つのがき)がある。2巻3冊。上巻で当時の代表的な〈からくり〉28種の図を掲げ,下巻でそれぞれにつき図解・種明しをした書。〈からくり〉の装置は滑車やてこを利用した糸からくりが9種を占め,ポンプ,ばね,歯車,水銀を用いたものが各1種,その他は奇術,手品に類するもので,技術的には単純にして幼稚なものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の璣訓蒙鑑草の言及

【奇術】より

…1591年(天正19)滝川伝之丞が京都四条河原で奇術の興行を行った記録があるが,江戸時代になると,盛んに興行が行われるようになり,都右近,塩屋長次郎などの奇術師が現れた。日本最初の奇術解説書は元禄年間(1688‐1704)に中国の文人,陳眉公が著した《神仙戯術(しんせんげじゆつ)》の翻刻であり,その後に《珍術さんげ袋》《珍曲たはふれぐさ》《神仙秘事睫(ひじまつげ)》,竹田からくりの種あかしをした《璣訓蒙鑑草(からくりきんもうかがみぐさ)》,さらに《放下筌(ほうかせん)》(1764),《天狗通(てんぐつう)》(1779)などの優秀な手品の伝授本がつぎつぎと刊行された。それらの伝授本には,底のない箱からさまざまな品物を取りだす,紙でつくったチョウを飛ばす,ろうそくから水が吹きだす,白紙を吹いて卵にするなどの奇術が解説されている。…

※「璣訓蒙鑑草」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

璣訓蒙鑑草の関連キーワード冷泉為頼奈良派松の葉有楽流からくり儀右衛門古薩摩詞の玉緒伯庵河羨録学習指導要領解説書

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone