御伽(読み)オトギ

デジタル大辞泉の解説

お‐とぎ【×伽】

貴人・敬うべき人のための「とぎ」の意》
夜のつれづれを慰めるために話し相手となること。また、その人。「若君のお伽をする」
寝所に侍ること。また、その人。侍妾。
御伽話」の略。「お伽の国」
御伽小姓(こしょう)」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おとぎ【御伽】

〔伽を丁寧にいう語〕
貴人の身近に仕えて、話し相手をつとめること。また、その者。 「 -をする」
寝室にはべること。また、その女性。侍妾じしよう
「御伽話」の略。 「 -の国」
「御伽小姓こしよう」の略。 「お傍の-もおないどし/浄瑠璃・先代萩」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android