御伽(読み)オトギ

  • ▽御×伽

デジタル大辞泉の解説

《貴人・敬うべき人のための「とぎ」の
夜のつれづれを慰めるために話し相手となること。また、その人。「若君のお伽をする」
寝所に侍ること。また、その人。侍妾。
御伽話」の。「お伽の国」
御伽小姓(こしょう)」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「お」は接頭語)
① 貴人などが退屈の時、そばに仕えて話相手になること。また、その者。→御伽衆
※九冊本宝物集(1179頃)六「我、御とぎつかまつるべし」
② 夜、寝室で、添い寝をすること。また、その人。侍妾。
※歌謡・隆達節歌謡(1593‐1611)「独りお寝(よ)らば参らうずものお伽に、雨降り真の闇なりと」
※浄瑠璃・伽羅先代萩(1785)六「また頑是(ぐんぜ)なき鶴喜代君。お傍のお伽(トギ)もおないどし政岡が子の千松が」
④ 「おとぎばなし(御伽話)②」の略。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

御伽の関連情報