コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御伽 オトギ

デジタル大辞泉の解説

お‐とぎ【×伽】

貴人・敬うべき人のための「とぎ」の意》
夜のつれづれを慰めるために話し相手となること。また、その人。「若君のお伽をする」
寝所に侍ること。また、その人。侍妾。
御伽話」の略。「お伽の国」
御伽小姓(こしょう)」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おとぎ【御伽】

〔伽を丁寧にいう語〕
貴人の身近に仕えて、話し相手をつとめること。また、その者。 「 -をする」
寝室にはべること。また、その女性。侍妾じしよう
「御伽話」の略。 「 -の国」
「御伽小姓こしよう」の略。 「お傍の-もおないどし/浄瑠璃・先代萩」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

御伽の関連キーワード曾呂利新左衛門たどろたどろ宣命を含める鴛鴦の契り秋夜長物語水田わさびむかはり月鬱気・欝気長谷川光信浦島太郎福富草子あきみち文正草子稚児物語おとぎ話御伽坊主御伽這子話し相手御伽小姓黄なる涙

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android