御伽(読み)オトギ

デジタル大辞泉の解説

お‐とぎ【×伽】

貴人・敬うべき人のための「とぎ」の意》
夜のつれづれを慰めるために話し相手となること。また、その人。「若君のお伽をする」
寝所に侍ること。また、その人。侍妾。
御伽話」の略。「お伽の国」
御伽小姓(こしょう)」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おとぎ【御伽】

〔伽を丁寧にいう語〕
貴人の身近に仕えて、話し相手をつとめること。また、その者。 「 -をする」
寝室にはべること。また、その女性。侍妾じしよう
「御伽話」の略。 「 -の国」
「御伽小姓こしよう」の略。 「お傍の-もおないどし/浄瑠璃・先代萩」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

お‐とぎ【御伽】

〘名〙 (「お」は接頭語)
① 貴人などが退屈の時、そばに仕えて話相手になること。また、その者。→御伽衆
※九冊本宝物集(1179頃)六「我、御とぎつかまつるべし」
② 夜、寝室で、添い寝をすること。また、その人。侍妾
※歌謡・隆達節歌謡(1593‐1611)「独りお寝(よ)らば参らうずものお伽に、雨降り真の闇なりと」
浄瑠璃伽羅先代萩(1785)六「また頑是(ぐんぜ)なき鶴喜代君。お傍のお伽(トギ)もおないどし政岡が子の千松が」
④ 「おとぎばなし(御伽話)②」の略。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android