コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

環境マッピング かんきょうまっぴんぐ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

環境マッピング

3DのCGで、物体の表面に周囲のものが映り込んだ状態を表現する手法のことで、別に用意した風景の画像を、物体の表面に貼り付けること。エンバイロメントマッピングとも呼ばれる。高速な描画が必要な画像処理に向いており、ゲームなどの分野で利用されている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かんきょう‐マッピング〔クワンキヤウ‐〕【環境マッピング】

environment mappingコンピューターグラフィックスの三次元画像で物体への映り込みを表現する技法の一。物体周囲の風景画像をあらかじめ用意し、それを物体表面に貼り付けることにより、映り込みを表現する。エンバイロメントマッピング

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android