コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

責任投資原則 セキニントウシゲンソク

デジタル大辞泉の解説

せきにんとうし‐げんそく【責任投資原則】

金融機関などが投資の意思決定を行う際には、投資先となる企業の環境・社会問題・企業統治(ESG問題)への取り組みを考慮・反映すべきであるという原則。2006年にアナン国連事務総長が提唱。PRI(Principles for Responsible Investment)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

責任投資原則の関連キーワードESG投資末吉竹二郎ESG

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

責任投資原則の関連情報