環状剝皮(読み)かんじょうはくひ(英語表記)ringing

翻訳|ringing

世界大百科事典 第2版の解説

かんじょうはくひ【環状剝皮 ringing】

果樹や花木の幹または太枝に直径の1/10~1/20の幅で浅く切り込みを入れ,樹皮を環状に除去することで,環状除皮ともいう。葉で同化された炭水化物の一部は師管を通って幹や根へと転流してゆくが,環状剝皮を行って師管部を除去すると,転流がさまたげられるので,剝皮部よりも上方では炭水化物の濃度が高まって,不定根が発生しやすくなる。このため,取木を行う場合には枝に環状剝皮を施すことが多い。また環状剝皮を行って枝の炭水化物濃度を高めると,花芽の形成が良好となり,落果が少なく,熟期も早くなるが,根への炭水化物の転流量が少なくなるので樹勢が衰える。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アースデイ

地球のことを考えて行動する日。1970年、アメリカのG・ネルソン上院議員によって提唱された。毎年4月22日がその日とされており、世界中で環境イベントが開催されている。 アースデイが誕生したきっかけは、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android