コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

環状石斧 かんじょうせきふ

2件 の用語解説(環状石斧の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

かんじょうせきふ【環状石斧】

弥生時代の石器で、中央に孔があり円盤状で周縁に刃のある石斧。刃のないものを環石という。棍棒こんぼうの頭として武器に使われたとされる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

かんじょうせきふ【環状石斧】

周縁に刃部をつけ,中央部に貫通孔をもつ中高の円盤状磨製石器。外径は11cm前後,厚さ約2cm,内径は2~3cmのものが多いが,大きさにはばらつきがある。貫通孔に棒を通して用いる棍棒頭の一種。石材には硬質砂質泥岩,輝緑凝灰岩,セン緑岩などを用いる。日本では縄文時代早期押型文土器に伴う例が最も古く,弥生時代後期まで用いられている。縄文時代の例は,福岡県を除いて東日本に集中し,弥生時代になると西日本にも多くなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の環状石斧の言及

【石斧】より

…また武器あるいは儀仗用の石斧には,ヨーロッパ新石器時代から青銅器時代にかけての闘斧や,中国新石器時代の有孔石斧の一部があげられる。環形の周縁を刃とし,中央の孔に柄をさしこむ環状石斧や,周縁にいくつもの突き出した刃を作り出した多頭石斧も,武器か儀仗用の棍棒頭mace headであって,世界各地の新石器時代から青銅器時代にかけて,また民族例に散見する。 最も一般的な石斧の平面形は長方形,長円形を基本とし,刃の側が幅広く,逆の端は狭い。…

※「環状石斧」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

環状石斧の関連キーワード琴柱形石製品スカシカシパン雁股周縁多頭石斧坊門曲玉しもつけ膜貫通受容体闘斧

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone