コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

環状石斧 かんじょうせきふ

2件 の用語解説(環状石斧の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

かんじょうせきふ【環状石斧】

弥生時代の石器で、中央に孔があり円盤状で周縁に刃のある石斧。刃のないものを環石という。棍棒こんぼうの頭として武器に使われたとされる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かんじょうせきふ【環状石斧】

周縁に刃部をつけ,中央部に貫通孔をもつ中高の円盤状磨製石器。外径は11cm前後,厚さ約2cm,内径は2~3cmのものが多いが,大きさにはばらつきがある。貫通孔に棒を通して用いる棍棒頭の一種。石材には硬質砂質泥岩,輝緑凝灰岩,セン緑岩などを用いる。日本では縄文時代早期押型文土器に伴う例が最も古く,弥生時代後期まで用いられている。縄文時代の例は,福岡県を除いて東日本に集中し,弥生時代になると西日本にも多くなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の環状石斧の言及

【石斧】より

…また武器あるいは儀仗用の石斧には,ヨーロッパ新石器時代から青銅器時代にかけての闘斧や,中国新石器時代の有孔石斧の一部があげられる。環形の周縁を刃とし,中央の孔に柄をさしこむ環状石斧や,周縁にいくつもの突き出した刃を作り出した多頭石斧も,武器か儀仗用の棍棒頭mace headであって,世界各地の新石器時代から青銅器時代にかけて,また民族例に散見する。 最も一般的な石斧の平面形は長方形,長円形を基本とし,刃の側が幅広く,逆の端は狭い。…

※「環状石斧」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone