璽宇教(読み)じうきょう

百科事典マイペディアの解説

璽宇教【じうきょう】

大本教の流れをひいて昭和の初めにできた菊花会から分かれて,第2次大戦中にできた小教団。教祖の璽光尊(長岡良子)は天変地異を予言し,天皇の神性を引きついで自分が神政を行うと宣言し,璽宇内閣を構想。双葉山呉清源などの有名人も入信し,戦後ジャーナリズムの話題となった。現在はほとんど勢力はない。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android