コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

璽宇教 じうきょう

1件 の用語解説(璽宇教の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

璽宇教【じうきょう】

大本教の流れをひいて昭和の初めにできた菊花会から分かれて,第2次大戦中にできた小教団。教祖の璽光尊(長岡良子)は天変地異を予言し,天皇の神性を引きついで自分が神政を行うと宣言し,璽宇内閣を構想。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

璽宇教の関連キーワード大本教首題出口ナオ延いては一河の流れを汲むも他生の縁流れ造クヌーセンの流れブラジウスの流れレイリーの流れ

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone