コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

璽光尊 じこうそん

百科事典マイペディアの解説

璽光尊【じこうそん】

璽宇(じう)教

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

璽光尊 じこうそん

1903-1983 昭和時代の宗教家。
明治36年4月22日生まれ。璽宇(じう)教教祖大本教(おおもときょう)系の心霊現象研究グループ菊花会の影響をうけ,東京で布教。昭和20年神示をうけたとして天皇制の組み替えによる世直しを宣言。22年本部を金沢にうつす。呉清源,双葉山らが信者であったため話題となったが,22年食管法違反で検挙後,宗教活動は衰退した。昭和58年8月16日死去。80歳。岡山県出身。本名は長岡良子(ながこ)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

璽光尊
じこうそん
(1903―1984)

大正・昭和期の宗教家。璽宇(じう)教教祖。岡山県御津(みつ)郡の農家に生まれる。本名長岡良子(ながこ)。日中戦争中、大本(おおもと)教系の宗教団体菊花会の影響を強く受けたといわれ、敗戦直前の1945年(昭和20)6月に「世を救う神、璽(たま)の光、救世の仏」との神示を受けたという。同年10月、世直しを宣言し、翌46年に金沢に本部を置いて天災地変を予言し、一躍入信者が続出した。食管法違反で検挙されたが、金沢医大で妄想性痴呆(ちほう)症と鑑定され、釈放された。その後マッカーサー、皇族等へ璽宇皇居への「参内」を命ずる神示を送るなど、その言動は当時のジャーナリズムをにぎわした。その後同教は閉鎖性を強め、ほとんど宗教活動を行わなかった。[村上重良]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

20世紀日本人名事典の解説

璽光尊
ジコウソン

昭和期の宗教家 璽宇教教主。



生年
明治36(1903)年4月22日

没年
昭和59(1984)年7月7日

出生地
岡山県御津郡江与味村

本名
長岡 良子

学歴〔年〕
小卒

経歴
大本教の信者であったが、大正10年に同教が弾圧を受けて後、創設された璽宇教に転じる。戦後、天皇の退位を主張し、みずからが新天皇となることを宣言。一部知識人の関心を集め、信者の数は急速に伸び、一時は30万人ともいわれた。しかし、22年マッカーサーの命により幹部らと共に一斉検挙された(璽光尊事件)。これを境に教勢は衰退に向かった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

璽光尊 (じこうそん)

生年月日:1903年4月22日
昭和時代の宗教家。璽宇教教主
1983年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

璽光尊の関連キーワード双葉山 定次村上重良昭和時代

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android