コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瓦官寺 がかんじWǎ guān sì

1件 の用語解説(瓦官寺の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

がかんじ【瓦官寺 Wǎ guān sì】

中国,東晋の興寧2年(364),都の建康(南京市)の南部,長干の地に建立された寺。瓦棺寺とも書かれる。もと官営の製陶工房の土地であったのでこの名がある。戴逵(たいき)が制作した金像,師子国からおくられた玉像,顧愷之(こがいし)が描いた《維摩図》が三絶とよばれて有名であった。また天台大師智顗(ちぎ)がここで講説したことでも知られる。唐代においても名刹であり,李白に《瓦官寺に遊ぶ》の詩がある。その後,呉興寺,昇元寺,崇勝戒壇寺,鳳游寺と名を改めて明代にいたり,ふたたび旧名に復した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

瓦官寺の関連キーワードケツカッチン丹波山村農業分野での女性の活躍奈良市の財政と人員国産大豆ハイデラバードB判ペロピダスB4判顧【がい】之

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone