コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瓦官寺 がかんじWǎ guān sì

世界大百科事典 第2版の解説

がかんじ【瓦官寺 Wǎ guān sì】

中国,東晋の興寧2年(364),都の建康(南京市)の南部,長干の地に建立された寺。瓦棺寺とも書かれる。もと官営の製陶工房の土地であったのでこの名がある。戴逵(たいき)が制作した金像,師子国からおくられた玉像,顧愷之(こがいし)が描いた《維摩図》が三絶とよばれて有名であった。また天台大師智顗(ちぎ)がここで講説したことでも知られる。唐代においても名刹であり,李白に《瓦官寺に遊ぶ》の詩がある。その後,呉興寺,昇元寺,崇勝戒壇寺,鳳游寺と名を改めて明代にいたり,ふたたび旧名に復した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

瓦官寺の関連キーワード顧【がい】之

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android