建業(読み)けんぎょう

精選版 日本国語大辞典の解説

けん‐ぎょう ‥ゲフ【建業】

[1] 〘名〙
① 事業の基礎を作ること。〔曹植‐王仲宣誄〕
③ 「びわ(琵琶)」の異名。
[2] 中国、南京の古名。
※天地有情(1899)〈土井晩翠〉星落秋風五丈原「大江の南建業の 花の盛りもいつまでか」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社世界史事典 三訂版の解説

建業
けんぎょう

三国時代の呉の首都
のとき,建康と改められ,以後,南朝の四王朝(宋・斉・・陳)の都として栄えた。15世紀以降南京 (ナンキン) 。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典内の建業の言及

【呉】より

…その地盤をついだ弟の孫権は劉備と同盟して208年(建安13),南下する曹操の軍を赤壁に破り,さらに219年,劉備に勝って長江中流域以南を領有した。魏と蜀があいついで帝号を称したのに対抗して,222年(黄武1),孫権は呉王として独立したのち,229年(黄竜1)に帝位について首都を建業(南京)に定めた。当時の江南(長江下流域の南側)には山越など原住民族の力が強かったが,呉はこれらを征服して積極的に開発を進めた。…

【南京】より

…やがて北方から青銅器文化が伝わり,中原が殷・周時代に入ると,江寧県湖熟鎮遺跡に代表される湖熟文化が広まる。
[秣陵より建業へ]
 この地方では局地的には居住がすすんでも,広い後背地をもたないため,春秋戦国時代においては,長江中下流域のようにまとまった国の形成はみられず,楚,呉,越などの抗争の舞台となった。呉を滅ぼし,さらに楚に向かおうとした越王句践は,この地に拠点を築いたという。…

※「建業」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android