甑島県立自然公園(読み)こしきじまけんりつしぜんこうえん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

甑島県立自然公園
こしきじまけんりつしぜんこうえん

鹿児島県西部,東シナ海に浮かぶ甑島列島にある自然公園。薩摩川内市に属する。面積 24.59km2。 1981年指定。上甑島の西海岸には海食崖が連なり,高さ 100~200mの断崖が随所にみられ,下甑島西海岸の高瀬崎にはナポレオン岩として知られる高さ 127mの奇岩がある。一方,上甑島北岸では長目の浜と呼ばれる沿岸洲が特異な潟湖群を形成。下甑島ではカノコユリウバメガシなどが自生しているほか,国の天然記念物カラスバトをはじめクロサギ,キジ,ヤマガラ,キセキレイなどが成育,ウミネコの繁殖南限地にもなっている。上甑島,下甑島にはそれぞれヘゴ自生北限地帯 (国の天然記念物) がある。観光遊覧船での海食崖めぐり,東シナ海を眺めながらのハイキング,海水浴の適地。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android