甕棺葬(読み)かめかんそう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

甕棺葬
かめかんそう

遺体もしくは遺骨・遺灰を甕に入れて葬るもの。この葬法は、世界的にみれば、土器が使用される新石器時代から存在するが、金属器時代に盛行した。現在でも沖縄の厨子(ずし)甕のように、いったん土葬をしたあと掘り出し、いわゆる洗骨をして甕に収める習俗は、中国の福建省においても顕著である。
 日本では、甕棺は縄文時代の前期中葉(埼玉県黒谷(くろや)貝塚、黒浜式期)からみられるが、いずれも幼児埋葬であり、成人の遺体をそのまま葬ったものは、弥生(やよい)時代に入ってからである。しかし、成人骨のみを甕に入れたものは、縄文後期初頭からみられた。甕棺には、単甕(たんおう)のものと、二つの甕をあわせたものがある。合口(あわせぐち)甕棺は縄文晩期にもみられるが、弥生時代に北九州でみられる大形合口甕棺には、成人遺体をそのまま葬っている。縄文の伝統の強い東日本の弥生時代では、洗骨したあと甕や壺(つぼ)に入れる例が多い。[大塚和義]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android