コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甕棺 かめかん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

甕棺
かめかん

埋葬用具の一つ。遺骸を納めるための甕で,この葬法の起源は古く,オリエントでは先史時代から行われ,中国でも仰韶期にみられる。日本では縄文時代後期に幼児骨を納めるのに用いられたが,弥生時代中期になると北九州を中心として盛んに行われた。甕棺には単棺と合口甕棺とがあり,大型のものもある。甕は斜めまたは水平に埋められ,その多くは密集して共同墓地を構成し,なかには多くの青銅器や玉類を副葬したものがある。この風習は東日本でもみられるが,東北地方南部や関東地方では弥生時代中期前半に甕よりも壺形土器を用い,洗骨葬のような二次埋葬のときに使われた。西日本のものとは系統を異にする。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かめ‐かん〔‐クワン〕【×甕棺】

土器・陶器の甕を用いた棺。遺体を入れるものと遺体を腐らせたのち骨だけを入れるものとがある。日本では弥生時代に九州北部で合わせ口甕棺が盛んに用いられた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

甕棺【かめかん】

埋葬に用いた土器の棺。土器1個を用いた単棺と土器2個を用いた合口(あわせぐち)甕棺がある。縄文(じょうもん)時代には乳幼児の埋葬に深鉢形・甕形土器を用いた単棺,弥生(やよい)時代には北九州を中心に成人埋葬用に合口甕棺が用いられた。
→関連項目石ヶ崎遺跡桜馬場遺跡支石墓志登支石墓群須玖遺跡立岩遺跡原ノ辻遺跡墳墓宮滝遺跡吉胡貝塚吉野ヶ里遺跡

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かめかん【甕棺】

遺体や火葬骨を葬るのに用いる土器,陶器。口広く丈高い器を用いたものを甕棺と呼び,頸すぼまりで胴の張ったものを壺棺(つぼかん)と呼び分けることもある。なお平面円形の一般容器の形から離れ,本来の棺として作ったものは陶棺とよび,甕棺とは区別する。火葬骨を収納した土器は蔵骨器,骨蔵器,骨壺などと呼ばれる方が多い。日常の容器としての甕,壺を転用して子どもの遺体を葬ること(小児甕棺)は,それを家近くなど生活の場に葬ることが多いこととともに,先史時代以来,世界の各地で広く認められ,日本では縄文時代から盛んである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かめかん【甕棺】

埋葬用に用いられた大形の土器。日本では弥生時代に多く用いられ、九州北部を中心に二個の甕の口縁を合わせた合わせ口甕棺が多く出土する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の甕棺の言及

【墳墓】より

…また,埋葬に際して遺体周辺に赤色顔料を散布することが旧石器時代以来,世界各地の墓でみられ,浄めの意味などが説かれている。
[埋葬地と施設]
 埋葬に際して,遺体は樹皮,布,わらなどで包んだり,さらに木棺,土器棺(とくに甕棺(かめかん)),陶棺石棺に納めることが多い。火葬骨は土器か金属製の容器に収納することが多い。…

【弥生土器】より

…本来,埋葬や祭儀用に作った土器もある。代表的なものは,北部九州の甕棺(かめかん)で,高さ1mに達する特大の甕を棺として用いている。また甕棺墓地でまとまって見いだされる壺,甕,高杯,鉢,そして壺をのせる高い器台は,ていねいな作りで赤く塗ってあり,使用の痕跡をとどめておらず,明らかに墓地で営まれる祭りのため特別に作り,使ったものである。…

※「甕棺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

甕棺の関連キーワード合わせ口甕棺・合せ口甕棺葉山尻支石墓群サーフィン文化唐山春秋戦国墓安国寺甕棺墓群唐山賈各荘古墓ゴホウラ製腕輪宇木汲田遺跡三津永田遺跡須玖岡本遺跡吉野ケ里遺跡綾羅木遺跡四ツ池遺跡葉山尻遺跡志登支石墓金海貝塚三雲遺跡真宮遺跡金隈遺跡田能遺跡

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

甕棺の関連情報