合口(読み)アイクチ

  • あいくち あひ‥
  • あいくち〔あひ〕
  • ごうこう ガフ‥

デジタル大辞泉の解説

(「匕首」と書く)鍔(つば)のない短刀。九寸五分(くすんごぶ)。「ふところに合(い)口をのむ」
人と何かをするときの相性。「彼とは合(い)口がいい」
互いに話が合い、気心の合うこと。また、その間柄。
「同じ年頃の婦人たちの中では姉と―であり」〈野上真知子
物と物とが合わさるところ。
合い端(ば)1」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

鍔(つば)のない短刀。鞘(さや)の鯉口(こいぐち)と柄の縁とがうように作る。【ひ】首(ひしゅ)の字を当てることも多いが,これは本来,頭がさじに似た中国の短剣である。短刀は公式に帯びるので飾りがあるが,合口には飾りがない。〈九寸五分〉,〈どす〉ともいう。
→関連項目日本刀

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

刀剣の拵(こしらえ)(外装)形式の一つ。鐔(つば)を用いず、柄(つか)の口と鞘(さや)の口とが直接あうものをいう。短刀の拵のもっとも一般的な形式として、平安時代から江戸時代まで盛行しているが、室町時代末期には上杉景勝(かげかつ)の愛刀の高木長光や山鳥文一文字など、まれに打刀(うちがたな)の拵の作例も現存している。なお、現在、新聞・警察用語で短刀そのものを合口(匕首)と称することがあるが、これは短刀の拵にこの形式が多かったことから転じた俗称であり、本来は刀身ではなく、拵をさす名称である。[原田一敏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 話が互いによく合うこと。また、そのような間柄や、間柄の者。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※虎寛本狂言・千鳥(室町末‐近世初)「酒やの亭主と相口じゃといふに依て、おもしろをかしう云て一樽取て来い」
※評判記・吉原こまざらい(1661‐73)銀屋「ひごろのあいくちの友たちありけるをたのみとして」
② 物と物と相合うところ。物と物との接合部分。あわせめ。〔日葡辞書(1603‐04)〕
③ 鍔(つば)のない短刀。匕首(ひしゅ)。懐刀(ふところがたな)。九寸五分(くすんごぶ)
※三議一統大双紙(15C前)法量門「御帯を取、左の方にあいくちのあたる程に持」
④ 近世、白鮫(しらざめ)などで作った、柄の縁と鞘(さや)の鯉口(こいぐち)とのところに描いた紋所などが、互いに合うように作った短刀。〔刀剣記‐上〕
〘名〙 =ごうこうおん(合口音)①〔漢呉音図(1815)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出勤再開うつ

在宅勤務から出勤再開に伴う不安やストレスによって生じる心身の不調を指す俗称。2020年に新型コロナウイルスの感染拡大防止策として普及した、テレワークなどによる在宅での新しい働き方に慣れてきた頃に、緊急...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

合口の関連情報