コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

合(い)口 アイクチ

3件 の用語解説(合(い)口の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あい‐くち〔あひ‐〕【合(い)口】

(「匕首」と書く)鍔(つば)のない短刀。九寸五分(くすんごぶ)。「ふところに合(い)口をのむ」
人と何かをするときの相性。「彼とは合(い)口がいい」
互いに話が合い、気心の合うこと。また、その間柄。
「同じ年頃の婦人たちの中では姉と―であり」〈野上真知子
物と物とが合わさるところ。
合い端(ば)1」に同じ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

合口【あいくち】

鍔(つば)のない短刀。鞘(さや)の鯉口(こいぐち)と柄の縁とが合うように作る。【ひ】首(ひしゅ)の字を当てることも多いが,これは本来,頭がさじに似た中国の短剣である。
→関連項目日本刀

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

合口
あいくち

刀剣の拵(こしらえ)(外装)形式の一つ。鐔(つば)を用いず、柄(つか)の口と鞘(さや)の口とが直接あうものをいう。短刀の拵のもっとも一般的な形式として、平安時代から江戸時代まで盛行しているが、室町時代末期には上杉景勝(かげかつ)の愛刀の高木長光や山鳥文一文字など、まれに打刀(うちがたな)の拵の作例も現存している。なお、現在、新聞・警察用語で短刀そのものを合口(匕首)と称することがあるが、これは短刀の拵にこの形式が多かったことから転じた俗称であり、本来は刀身ではなく、拵をさす名称である。[原田一敏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

合(い)口の関連キーワード糸透かし空唾繰り腰刀匕首眉唾打刀書流すカンショ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone