生み出す(読み)ウミダス

デジタル大辞泉「生み出す」の解説

うみ‐だ・す【生み出す/産み出す】

[動サ五(四)]
子や母胎から外に出す。産む。「母馬が子を―・そうとして息む」
新しいもの、今までなかったものを作り出す。また、新しいことを考え出す。「新商品を―・す」「余暇を―・す」「奇抜なアイデアを―・す」
もうけを作り出す。「商売軌道にのって利益を―・す」
産みはじめる。「雌鶏めんどりが成長して卵を―・した」
[類語]生む生ずる作り出す創出する創造する招く

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

株を守りて兎を待つ

たまたまうまくいったことに味をしめて、同じようにしてもう一度、成功しようとするたとえ。また、古くからの習慣にこだわって、時代に合わせることを知らぬたとえ。[使用例] 羹あつものに懲こりて膾なますを吹く...

株を守りて兎を待つの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android