コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生み出す/産み出す ウミダス

デジタル大辞泉の解説

うみ‐だ・す【生み出す/産み出す】

[動サ五(四)]
子や卵を母胎から外に出す。産む。「母馬が子を―・そうとして息む」
新しいもの、今までなかったものを作り出す。また、新しいことを考え出す。「新商品を―・す」「余暇を―・す」「奇抜なアイデアを―・す」
もうけを作り出す。「商売も軌道にのって利益を―・す」
産みはじめる。「雌鶏(めんどり)が成長して卵を―・した」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

生み出す/産み出すの関連キーワードエンブリオロジスト/受精卵を育む人たちcolour arrangementストリートファッション生産的資本ストックメガ・ブランド戦略キャピタルゲインジャンクアートミトコンドリアマッカートニー軽薄短小型産業ブランド化特徴修正資本主義収穫ブランドハイテク汚染生産的思考シャルドネ金の生る木労働生産性無酸素運動数でこなす

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android