招く(読み)マネク

デジタル大辞泉「招く」の解説

まね・く【招く】

[動カ五(四)]
合図をして人を呼び寄せる。「手を振って―・く」
客として来るように誘う。招待する。「歓迎会に―・かれる」
ある目的のために、をつくして来てもらう。また、しかるべき地位を用意して、人に来てもらう。招聘しょうへいする。「作家を―・いて講演会を開く」「ゲストに―・く」「教授として―・く」
好ましくない事態を引き起こす。もたらす。「惨事を―・く」「誤解を―・く」
[可能]まねける
[類語](1呼ぶ呼び寄せる差し招く手招きする/(2招待する呼ぶしょうずるしょうずる迎えるさそいざな誘い合わせる誘い出すおびき出す・誘い入れる・誘い込むおびき寄せる引き込む引き入れる引きずり込む引っ張り込む巻き込む抱き込む・誘いかける・呼びかける働きかける持ちかける勧誘誘引袖を引く口を掛ける声を掛ける水を向ける鎌を掛ける/(3招聘しょうへいする招致する招請するへいする招集する・召集する/(4もたらす持ちきた来す引き起こす生む将来する招来する誘発する惹起じゃっきする生ずる生み出す作り出す創出する創造する

お・く〔をく〕【招く】

[動カ四]まねく。呼び寄せる。
立ちし日より―・きつつうちじのひ待てど来鳴かぬほととぎすかも」〈・四一九六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android