コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

招く オク

デジタル大辞泉の解説

お・く〔をく〕【招く】

[動カ四]まねく。呼び寄せる。
「月立ちし日より―・きつつうち偲(じの)ひ待てど来鳴かぬほととぎすかも」〈・四一九六〉

まね・く【招く】

[動カ五(四)]
合図をして人を呼び寄せる。「手を振って―・く」
客として来るように誘う。招待する。「歓迎会に―・かれる」
ある目的のために、礼をつくして来てもらう。また、しかるべき地位を用意して、人に来てもらう。招聘(しょうへい)する。「作家を―・いて講演会を開く」「ゲストに―・く」「教授として―・く」
好ましくない事態を引き起こす。もたらす。「惨事を―・く」「誤解を―・く」
[可能]まねける

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おく【招く】

( 動四 )
〔後世「おぐ」とも〕
まねき寄せる。呼び寄せる。 「妓を-・ぎて晩餐を食し/日乗 荷風」 「月立ちし日より-・きつつうち慕じのひ/万葉集 4196

まねく【招く】

( 動五[四] )
人を、手を振るなどの合図をして近くへ来させる。手まねく。 「子供を-・く」
用意をととのえて、人に来てもらう。
ふさわしい状況をつくったり、地位を用意したりして、人に来てもらう。 「外国から音楽家を-・く」 「顧問に-・く」
客として来てもらう。 「新居に友達を-・く」
当然の結果として身に受ける。 「破綻を-・く」 「災いを-・く」 「危険を-・く」
手で合図する。手まねで知らせる。 「あなかま、と-・き制すれども/枕草子 3
[可能] まねける
[句項目]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

招くの関連キーワード焼き餅焼くとて手を焼くな慌てる乞食は貰いが少ない雉も鳴かずば撃たれまい紙子着て川へ嵌まる大山も蟻穴より崩る石を抱きて淵に入る触らぬ神に祟りなし紙子着て川へはまる玉を懐いて罪あり災いは下から満は損を招く舌は禍の根社会悪物品インバイトしょうへい果報負け名残の袖油断大敵小利大損福達磨

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

招くの関連情報