コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生体群集 せいたいぐんしゅうbiocoenosis

岩石学辞典の解説

生体群集

1877年にドイツの生物学者のメビウス(Moebius)が導入した語で,生物群が共同生活をすること[Wasmund : 1926, Dunbar & Rodgers : 1957].現生生物では群集と同じ意味で,もとは牡蛎(かき)礁で相互に関連しつつ生活している生物群を表した語[木村ほか : 1973].ギリシャ語のbiosは生命,koinosは共通に共用するの意味.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

生体群集の関連キーワードリソトープ遺骸群集化石群集

今日のキーワード

へうげもの

日本のテレビアニメ。放映はNHK(2011年4月~2012年1月)。原作:山田芳裕による漫画作品。制作:ビィートレイン。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android