生態的ピラミッド(読み)せいたいてきピラミッド(英語表記)ecological pyramid

世界大百科事典 第2版の解説

せいたいてきピラミッド【生態的ピラミッド ecological pyramid】

一つの生物群集の中で,食物連鎖(食う・食われる)の関係にある生物種の個体密度を比較すると,一般に食う動物は食われる動物より少ない。こうした関係を図にして栄養段階の低いもの(食われる方)から高いもの(食う方)へと順次積み上げるとピラミッド型となる。これは,イギリスの生態学者C.S.エルトンが1927年に個体数に着目して提案したので,〈個体数のピラミッド〉または〈エルトンのピラミッド〉と呼ばれている。個体数のピラミッドでは,樹木とその葉や材を食う多数の昆虫の関係(生食連鎖)や,寄生虫宿主の関係(寄生連鎖)などの場合では倒立する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android