コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生物群集 セイブツグンシュウ

デジタル大辞泉の解説

せいぶつ‐ぐんしゅう〔‐グンシフ〕【生物群集】

ある場所に生息する全生物を一つの集団とみなしたもの。植物のみを対象とする場合は植物群落、動物のみの場合は動物群集ともいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

せいぶつぐんしゅう【生物群集 (biological) community】

森林でも草原でも河川でも海岸でもよい。いや,家の庭でも団地の周りでも公園でもがまんしよう。そこに生えている植物の種類はただ一つではあるまい。小さい下生えや雑草がいくつかは少なくとも存在するはずだ。その葉を食べ,花にみつを吸いにくる昆虫もいよう。鳥たちもときにはやってきて虫を食ったりしているかもしれない。土を少々掘り返してみれば,ミミズなどのうごめくこともあろう。目を凝らして見れば,長さ1mm程度の小さい動物はたいてい見つかるはずである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

生物群集
せいぶつぐんしゅう
biological communitycommunity

自然界のある場所をとると、そこにはかならずいろいろな種の生物が混じり合って生活している。生態学ではこれを一つの集団とみなして群集とよぶが、ヒトの群集と区別する際に生物群集の語を用いる。その場所に生息するあらゆる動植物を含めるのが原則であり、特定の生物群に着目して貝類群集、鳥類群集などと用いるのは便宜的な使用である。群集を植物部分と動物部分に分けるとき、前者を植物群落、後者を動物群集とよぶ。場所のとり方は基本的に任意であるが、景観としてまとまりのある場所、たとえば湖などを選ぶことが多い。陸上では一般に植物が景観を形成しており、植物群落を単位として群集を規定することが多く、「ブナ林の群集」「チガヤ草原の群集」などと表現される。
 群集を構成する各種生物個体は、生きるに必要な資源や繁殖などをめぐって密接な種内関係を有している一方で、種間でも深くかかわり合いながら生活している。たとえば、従属栄養生物たる動物は他種の動植物を食うことによって生きており、餌(えさ)となる他種の存在なしにはそれ自身の存在を考ええないものである。また、独立栄養生物とよばれ、一見他種とは無関係に生活しているかにみえる緑色植物も、光や土壌中の水や養分をめぐっての他種動植物との競争・協調のなかで生活しているのである。動物と植物間の関係としては、やや特殊ながら、虫媒花における受粉をめぐっての昆虫と植物との協調的な関係はよく知られている。これらのことは、群集が各種生物の単なる寄せ集めではなく、相互にかかわり合いながら生活している生物の地域集団であることを示している。
 群集の概念はこのような生物間の相互作用、もしくは諸関係を含むものであるがゆえに「生物の生活の科学」たる生態学のなかでもっとも重要な位置を占めている。なぜなら、現実の生物の生活はすべて群集の諸関係のなかで営まれているからである。
 これらの諸関係を群集全体として眺めるとき、そこには食物連鎖、生態ピラミッドなどの構造が現れてくる。また、諸関係の総決算が植物群落の遷移にみられるような動的な系を生み出すこともある。このため群集は独自の構造と発展形態を有する統一体としてとらえられることもあるが、群集が時系列的に不変の構成員と明確な境界をもたないことは明らかであり、このような群集観があくまで操作的なものにすぎないことは注意を要する。[江崎保男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の生物群集の言及

【海】より

…もちろん,この二つ以上の範疇に入るものや,中間的なものも多い。 海洋の生物は,例えば海水中では,サメ,クジラなどの大型の動物が,小型の魚類(イワシ,サンマ,イカなど)を食べ,小型魚類などは,橈脚類copepodaなどの動物プランクトンを食べ,動物プランクトンは植物プランクトンや,生物の死骸が分解する途中にできる生物残査(デトリタスdetritus)を食べるというように,高次消費者―二次消費者―一次消費者―生産者という食物連鎖関係で結び合った生物群集を構成している。海の基礎生産は,植物プランクトンと,海藻および顕花植物の海草の光合成によっている。…

【遷移】より

…ある一定の場所で,生物群集の構成が一つの方向に向かって移り変わっていく現象。遷移の最終段階は極相climaxで,極相に到達すると遷移は停止し,生物群集は安定する。…

※「生物群集」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

生物群集の関連キーワードビクター・アーネスト シェルフォードマンモスケーブ国立公園ニッチ(生態的地位)ブラックスモーカー元村の幾何級数則化学合成生物群集しんかい二〇〇〇サクセッションシェルフォード海洋生物群集プランクトン熱水生物群集鯨骨生物群集エコシステム生物多様性土壌生態系環境収容力群集生態学熱水噴出孔ビオトープ

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

生物群集の関連情報