コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生江家道女 いくえの いえみちめ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

生江家道女 いくえの-いえみちめ

?-? 奈良-平安時代前期の女性。
天平勝宝(てんぴょうしょうほう)9年(757)聖武天皇一周忌に母とともに経典を東大寺に献上。のち平安京で勝手きままに罪福を説き人心をまどわしたため,延暦(えんりゃく)15年本国の越前(えちぜん)(福井県)にもどされた。越(こし)の優婆夷(うばい)(在家の女性の仏教信者)とよばれた。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

生江家道女の関連キーワード天平勝宝

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android