コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生活関連社会資本 せいかつかんれんしゃかいしほん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

生活関連社会資本
せいかつかんれんしゃかいしほん

社会的間接資本のうち,特に国民生活の向上に強く結び付くような,あるいは不可欠な社会資本。具体的には,下水道,教育施設,病院,公園,道路 (市区町村発注のもの) などで,港湾,空港,道路 (市区町村発注以外のもの) などの産業振興のための産業系公共投資と区分する。日本の生活関連社会資本の整備は,欧米主要国に比べて大きく遅れている。社会資本の整備は市場の原理にゆだねられないことや,これからの高齢化社会の到来に備える意味からも,政府による積極的な公共投資が求められている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

生活関連社会資本の関連キーワード社会的間接資本産業政策公共事業NNW

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android