コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生瀬城 なまぜじょう

1件 の用語解説(生瀬城の意味・用語解説を検索)

日本の城がわかる事典の解説

なまぜじょう【生瀬城】

兵庫県西宮市塩瀬町にあった山城(やまじろ)。築城年代は定かではないが、小規模な構えや陣屋程度のものであったとみられている。京都と西国を結ぶ交通の要衝に位置していたため、戦国期には何度か戦闘の舞台となったとされる。1730年(享保15)に記された「生瀬村高反別差出帳」に、「古城の跡はおよそ六町西に御座候城主は安達孫十郎殿と承及居申候」とあるが、いつの時代のことか不明である。現在遺構はなにも残っていないため築城などの詳細は明らかではないが、地名の城山と縄張りの地形が往時を伝えている。JR福知山線生瀬駅から徒歩。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

生瀬城の関連キーワード朝鮮式山城平山城兵庫医科大学花房間に合い紙エビスタ西宮西宮阪急阪神・にしのみや兵庫県西宮市の建築士夫妻刺殺事件間似合紙

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone