コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生物多様性条約締約国会議 セイブツタヨウセイジョウヤクテイヤクコクカイギ

デジタル大辞泉の解説

せいぶつたようせいじょうやく‐ていやくこくかいぎ〔セイブツタヤウセイデウヤクテイヤクコククワイギ〕【生物多様性条約締約国会議】

生物の多様性を保全し、生物資源の持続的な利用を可能にするために1992年の地球サミットで採択された生物多様性条約を批准した国による会議。
[補説]1999年と2000年にコロンビアのカルタヘナとカナダのモントリオールで開催された特別締約国会議(ExCOP1)でバイオセイフティに関するカルタヘナ議定書を採択。2002年にオランダのハーグで開催されたCOP6では、「2010年までに生物多様性の損失速度を顕著に減少させること」を目指す「2010年目標」が採択された。この目標の達成年で、国連の生物多様性年にあたる2010年には名古屋市でCOP10が開催され、遺伝資源の利用と利益配分(ABS)に関する名古屋議定書、2011年以降の新戦略計画「愛知目標」が採択された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

生物多様性条約締約国会議
せいぶつたようせいじょうやくていやくこくかいぎ
Conference of the Parties to the Convention on Biological Diversity

1992年「環境と開発に関する国連会議(UNCED)」(地球サミット)で採択された、生物多様性条約を批准した国による会議。第1回会議(COP1)は1994年にバハマのナッソーで開かれ、ほぼ2年ごとに開催されている。2013年2月時点で、締約国は192か国とヨーロッパ連合(EU)。事務局はカナダのモントリオールに置かれている。なお、締約国会議はCOP(Conference of the Parties)と略されるが、気候変動枠組み条約締約国会議(地球温暖化防止会議)も同じくCOPとよばれる。
 2012年には、COP11がインドのハイデラバードで開かれた。COP11では、前回名古屋で開かれたCOP10で合意された、生態系保全地域の面積拡大のために必要となる資金確保が大きな焦点となった。会議では、この生物多様性を保全するために先進国が拠出する支援額を2015年までに倍増し、その水準を少なくとも2020年まで維持することが決められた。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

生物多様性条約締約国会議の関連キーワード特定外来生物被害防止法アハメド ジョグラフ国連地球生きもの会議侵略的外来種エコアジア海洋保護区外来生物法里地里山法

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

生物多様性条約締約国会議の関連情報