コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生馬仙 いこません

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

生馬仙 いこません

?-? 平安時代前期-中期の行者。
摂津住吉(大阪府)の人。河内(かわち)(大阪府)高安山で修行。寛平(かんぴょう)9年(897)入山した僧明達(みょうたつ)にであうと,白帽,白衣の姿で明達に瓜(うり)をあたえ,仏道をもとめて山にはいり一度も下山したことがないとこたえたという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

生馬仙の関連キーワード中期行基行者

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android