明達(読み)メイタツ

デジタル大辞泉の解説

めい‐たつ【明達】

[名・形動]聡明で道理をわきまえていること。また、そのさま。「明達な(の)士」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

明達 みょうたつ

877-955 平安時代中期の僧。
元慶(がんぎょう)元年生まれ。天台宗薬師寺の勝雲のもとで出家,比叡(ひえい)山の尊意に師事。平将門(まさかど)の乱,藤原純友(すみとも)の乱で調伏の修法をおこない,功により内供奉十禅師,権(ごんの)律師となった。天暦(てんりゃく)9年9月22日死去。79歳。摂津住吉(大阪府)出身。俗姓土師。字(あざな)は直仁。号は蓮華院

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

明達

没年:天暦9.9.22(955.10.10)
生年:貞観13(871)
平安中期の天台。土師氏出身。12歳で薬師寺勝雲のもとで出家。天王寺尋仙に天台法門を学ぶ。延暦寺康済の入室弟子となり,尊意らに密教修法を習う。平将門,藤原純友の乱(940)のとき,調伏の祈祷を行った。天暦3(949)年に律師となる。

(三橋正)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

大辞林 第三版の解説

めいたつ【明達】

スル
賢くて物の道理に通じていること。 -の士 各人道理に-する/明六雑誌 3

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

めい‐たつ【明達】

〘名〙 (形動) 聰明で、物事によく通じていること。また、そのさまやその人。
※峨眉鴉臭集(1415頃)曇独芳住万寿「法主得明達才、今代有隗而始之誉
※養生訓(1713)一「知識の明なる事も」 〔漢書‐高帝紀下〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android