コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

産業の空洞化 さんぎょうのくうどうかdeindustrialization

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

産業の空洞化
さんぎょうのくうどうか
deindustrialization

国内産業の衰退化現象を指す言葉であり,次の2つの側面から進行する。一つは国内製造業が円高への対応,貿易摩擦回避などのため直接投資を通じて国外に進出し現地生産へと向かう側面であり,もう一つは産業のサービス化といわれる現象で,国内のサービス産業あるいは全産業の中のサービス部門のウエートが高まることである。通産省の「21世紀産業社会の基本構想中間報告によれば,海外直接投資は毎年 12%ずつ拡大し,2000年には累計で 56万人の雇用機会が失われると推計されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

産業の空洞化の関連キーワードオフショアリング重層型産業構造構造的失業先進国病情報社会産業政策自動車環境税空洞化MBA

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

産業の空洞化の関連情報